おすすめの情報誌

2009年3月 6日 (金)

「喘息」患者主体、初の実態調査 難治化患者は予想以上

薬剤の進歩などで治療効果が格段に高まった喘息(ぜんそく)。だが、発症率は逆に高まるばかりで、国内の発作死は年間3000人近くに上る。こうした実態を浮き彫りにしようと、患者団体が主体になった初の実態調査結果がまとまった。難治化した患者が予想以上に多く、生活の制約や治療費の負担が大きいことなどが分かった http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000088-san-soci

ダウニー柔軟材の選び方・使い方

2009年3月 3日 (火)

<iPS細胞>ウイルス使わずヒト体細胞から作成

 さまざまな細胞や組織に分化する能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)をウイルスを使わずに、英国とカナダの研究チームがヒトの体細胞から作成した。ウイルスを使わない作成方法は、ヒトでは初めて。1日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 iPS細胞は、体細胞に数種類の遺伝子を導入する方法などによって作る。導入の際、レトロウイルスを使う方法が最初に開発された。ただ、レトロウイルスは遺伝子を体細胞の染色体に組み込むため、遺伝子異常を起こしてがん化しやすいと指摘されていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000010-mai-soci

アテニアのトライアルセットを購入!

2009年1月31日 (土)

スギ花粉、例年並みか多め=環境省

 環境省は30日、今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量予測(確定)を公表した。昨年末に発表した速報と同じく、飛散量は全国的に例年(過去10年の平均)並みかやや多い。飛散開始時期は例年並みとみている。 前シーズンと比較した飛散量は、東北と関東で前年並みか、やや少なめ、東海、北陸から九州で一部を除き多めになるという。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090130-00000125-jij-pol

花粉症対策はおすみですか?

2009年1月27日 (火)

増える“無自覚冷え症男子” 簡単「冷え症対策」

現代人がもっとも感じている冬の悩み、それは「冷え症」。最近は男性でも「冷え症」で悩む人が増えているのだとか。
シトルリン代謝向上研究会が行ったアンケートでは、なんと20代男性の25.3%が「冷え症」で悩んでいると答え、冬の悩みのトップに。しかも、男性の冷え症にはある特徴が。それは“無自覚”が多いということ。同アンケートで、「冷えを実感していない」と答えたにも関わらず、「手足がいつも冷えていてなかなか温まらない」「朝起きるのがつらい」「肩こりがひどい」など、“冷え症チェックリスト”に3つ以上該当している人が、25%もいたのだそう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090126-00000005-tkwalk-ent

★恵方巻き★

2009年1月26日 (月)

化学物質で遺伝子の一部置き換え、iPS細胞づくり加速へ

 様々な細胞に変化できる「新型万能細胞(iPS細胞)」作製に必要な遺伝子の一部を、人工的な化学物質に置き換えることに米ハーバード大学などの研究チームがマウスの実験で成功した。

 24日に東京大学で開かれたシンポジウムで発表した。米スクリプス研究所グループに次ぐ成果で、遺伝子を使わない、より安全性の高いiPS細胞づくりが加速しそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090125-00000016-yom-sci

★恵方巻き★

2008年12月20日 (土)

<科学的進歩>今年の1位は「iPS細胞の研究」 米誌発表

 米科学誌「サイエンス」が19日号で発表する今年の「科学的進歩ベスト10」で、山中伸弥・京都大教授が開発した人工多能性幹細胞(iPS細胞)に基づく「細胞の再プログラミング(初期化)」が1位に選ばれた。

 具体的には米ハーバード大が成功した「難病患者細胞からのiPS細胞作成」。同大のチームは、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)、1型糖尿病などの患者の細胞をiPS細胞にした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000021-mai-soci


★これはすごい!必見です!★

★好きなウインタースポーツは?★

2008年8月24日 (日)

<アルツハイマー病>記憶障害改善にマウスで成功 理研など

 アルツハイマー病によって起きる記憶障害の仕組みを明らかにし、改善させることに、理化学研究所などの研究チームがマウスを使った動物実験で成功した。アルツハイマー病の新たな治療法の開発につながる可能性がある。21日付の米科学誌プロス・ワンに発表した。

 アルツハイマー病では、神経細胞にベータアミロイドと呼ばれる異常たんぱく質が蓄積する。研究チームは、このたんぱく質をたまりやすく遺伝子操作したマウスの脳内を詳しく調べた。その結果、記憶をつかさどる海馬で、刺激の伝達を抑制する神経伝達物質「GABA」の働きが通常のマウスより約3倍も活発になっていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080821-00000042-mai-soci

2008年3月 4日 (火)

夜行性・昼行性など活動リズム、脳内ホルモンが関与

動物の一日の活動リズムを、新しく発見された脳ホルモンが調節する仕組みを、早稲田大の筒井和義教授(脳科学)らのグループが突き止めた。

 夜行性といった動物の生態を解き明かす成果として注目を集めそうだ。米神経科学会誌に発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080302-00000006-yom-sci

2008年2月13日 (水)

<はしか>流行阻止へ対策会議…厚労省

 厚生労働省は12日、はしかの流行阻止を目指した初の対策会議を開催した。予防接種を受けやすい環境作りなどを担う「麻しん(はしか)対策技術支援チーム」を国立感染症研究所内に設置することなどを決めた。

 会議は感染症の専門家や学校関係者などで構成。初会合では、世界と日本におけるはしかの現状と日本の取るべき方向、都道府県との連携について話し合った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000032-mai-soci

医薬品登録販売者の資格を取ろう!

2008年2月10日 (日)

心臓の裏にガーゼ9年 つくばの病院

 茨城県つくば市の「筑波メディカルセンター病院」(石川詔雄院長)で平成4年に行われた心臓手術の際、医師が患者の体内にガーゼを置き忘れ、約9年後の再手術で取り出していたことが8日、分かった。患者は再手術から約3年後、心不全で死亡。病院はガーゼと死因に因果関係があった可能性を認めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080209-00000067-san-soci

すばらしい世界遺産ガイド

より以前の記事一覧

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ