おすすめの情報誌

« 下痢や便秘を伴う過敏性腸症候群(IBS) | トップページ | 浮腫み(むくみ)とは、痛みを伴わない形で腫れる症候 »

2013年12月30日 (月)

疲労回復にはイミダゾールジペプチドが効果的?

体に良いと発表があると、なんであれ

飛びつきたくなるのが、日本人。

なぜって、日本人の約60%が疲労を感じているからでしょう!

でも、イミダゾールジペプチドってなに??

実は、

種々の動物の骨格筋に広く分布し、

特に鳥の胸肉、マグロやカツオ、鯨等の肉に多く含有されている

成分なのです。

渡り鳥が、1週間以上も飛び続けることができるのは

このイミダゾールジペプチドのおかげだそうです。

医学的には、

ヒトの生体内では筋pH低下の緩衝作用、
またイミダゾール基により抗酸化作用を持つことが報告されているようです。

もう少し調べると、

イミダゾールジペプチドはアミノ酸結合体であり、
主にカルノシン(β-alany1-L-histindine)(化学式:C9H14N4O3)と
アンセリン(β-alany1-1-methy1-L-histindine)、バレニンがあるとか。

ちょっと難しいですね。

参考までに、カルノシンの構造(化学式:C9H14N4O3)です。

200pxcarnosine2dskeletal

ちなみに、

疲労回復は英語で、recovery from exhaustion

« 下痢や便秘を伴う過敏性腸症候群(IBS) | トップページ | 浮腫み(むくみ)とは、痛みを伴わない形で腫れる症候 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204850/58848299

この記事へのトラックバック一覧です: 疲労回復にはイミダゾールジペプチドが効果的?:

« 下痢や便秘を伴う過敏性腸症候群(IBS) | トップページ | 浮腫み(むくみ)とは、痛みを伴わない形で腫れる症候 »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ