おすすめの情報誌

« 日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病です | トップページ | 岩崎 日出俊さんの生涯現役で働く新しい生き方の提案(65歳定年制の罠) »

2013年4月29日 (月)

歯垢のpHが低下するとエナメル質が溶け、むし歯になる??

なぜ、むし歯になるのか??

むし歯のメカニズムについて調べてみました。


そもそも歯磨きはなぜするのかですが、

それは、歯垢を取り除くためです。

この歯垢が大きな原因になっているのです。




なぜか??

砂糖などを摂取すると、歯垢中に生息する細菌がこれを分解して酸に変え、
歯垢のpHを低下させます。

歯垢のpH(約5.5)以下になると、歯の表面を覆うエナメル質が溶けだし
むし歯発生のきっかけとなるからです。

だから、日ごろから、しっかりと歯磨きをして、

この歯垢を取り除かなくてはなりません。

ただし、

歯肉にかくれた歯石は、家庭でのブラッシングで
完全に取り除くことはまず不可能です。

歯石は歯周病の大きな原因のひとつです。

定期的に検診を受け、歯石があれば除去しておく。

歯石の除去は保険適用です。



さあ、いつから、歯のケアを始めますか?

いまでしょ!!

« 日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病です | トップページ | 岩崎 日出俊さんの生涯現役で働く新しい生き方の提案(65歳定年制の罠) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204850/57269699

この記事へのトラックバック一覧です: 歯垢のpHが低下するとエナメル質が溶け、むし歯になる??:

« 日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病です | トップページ | 岩崎 日出俊さんの生涯現役で働く新しい生き方の提案(65歳定年制の罠) »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ