おすすめの情報誌

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

歯垢のpHが低下するとエナメル質が溶け、むし歯になる??

なぜ、むし歯になるのか??

むし歯のメカニズムについて調べてみました。


そもそも歯磨きはなぜするのかですが、

それは、歯垢を取り除くためです。

この歯垢が大きな原因になっているのです。




なぜか??

砂糖などを摂取すると、歯垢中に生息する細菌がこれを分解して酸に変え、
歯垢のpHを低下させます。

歯垢のpH(約5.5)以下になると、歯の表面を覆うエナメル質が溶けだし
むし歯発生のきっかけとなるからです。

だから、日ごろから、しっかりと歯磨きをして、

この歯垢を取り除かなくてはなりません。

ただし、

歯肉にかくれた歯石は、家庭でのブラッシングで
完全に取り除くことはまず不可能です。

歯石は歯周病の大きな原因のひとつです。

定期的に検診を受け、歯石があれば除去しておく。

歯石の除去は保険適用です。



さあ、いつから、歯のケアを始めますか?

いまでしょ!!

日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病です

知ってましたか?

日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病ということ。

ところで、歯周病って??

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯肉、セメント質、
歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する疾患の総称。

歯周疾患、ペリオ (perio) ともいい、
ペリオは治療のことを指すこともある。

ただし、歯髄疾患に起因する根尖性歯周炎、
口内炎などの粘膜疾患、歯周組織に波及する
悪性腫瘍は含まない。

日本には、日本歯周病学会(http://www.perio.jp/)なるものが
あって、HPでは、日本歯周病学会の活動内容の概況が
報告されています。



我が国が歴史上、これまで経験したことのないような高齢化社会を迎えた現在、自分の歯で物を噛み、多くの人と楽しく会話をすることの重要性が、歯科界はもちろん、一般社会においても強く認識されている。このような背景をもとに、日本歯科医師会でも8020運動を通じて、健康な自分の歯を残存させ、それが全身の健康と快適な生活につながることを目指している。

さて、歯周病の原因についてご存知ですか?


Q. 歯周病は必ずかかる病気なのでしょうか

歯周病は必ずかかるわけではありません。歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、定期的な歯科検診などを受けることにより除去することで予防することができます。
予防できない歯周病もありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊な場合です。

2013年4月20日 (土)

ストレス解消法にはならない、一人酒や寝だめ(睡眠の取りすぎ)

「ストレス」解消にどんなことをしていますか?

最近は、効果的なストレス解消法を紹介した本やネット情報が

たくさんありますが(ランキングもありますね)、

みなさんのストレス解消法は?

一口に、ストレス解消法といっても、

年齢層(子供、大人)や性別(男性、女性)によっても
違いますよね。

適度な運動、睡眠(寝る)、マッサージなどなど‥

でも、過度にやると逆効果になるとか??

こんな情報がありました。

ストレス解消の定番「飲酒」だ。
誰かと一緒に飲めば気分転換にもなるが、一人酒はNG。
考え込んでストレスの悪循環に陥るという。

睡眠そのものはストレス解消に有効だが、
寝だめはやめたほうがいい。
遅くとも平日の起床時間の2時間後ぐらいにとどめないと、
体内時計が狂ってしまい、体はぐったり、
脳はぼーっとしてしまう。

もうひとつ、「ポジティブ思考」も取扱い注意。

ええ、そうなんですね。

やりすぎは、ストレス解消につながらないということですね。

はい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130419-00000005-sasahi-hlth

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ