おすすめの情報誌

« 睡眠時間が短くなるほどまた長くなるほど死亡率は上昇 | トップページ | 睡眠不足はダイエットの大敵らしい! »

2012年12月 5日 (水)

肥満メカニズムは飢餓に備えた蓄積?

過剰摂取したカロリーを
蓄積する仕組みが残っている??

高カロリーの食事をすると、脳が基礎代謝を担う「褐色脂肪」の
働きを低下させ、肥満を引き起こすことを、東北大大学院医学系研究科の
山田哲也准教授らの研究グループがマウスの実験で解明した。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や治療法の
開発につながると期待される。論文は4日付米科学誌「セル・メタボリズム」
に掲載された。

 山田准教授は「飢餓に備え、過剰摂取したカロリーを
蓄積する仕組みが残っているのでは」と説明。体に備わった
栄養備蓄の仕組みが明らかになるのは世界初という。 

 グループは、肝臓内で糖の代謝を高める酵素「グルコキナーゼ」
の働きに着目。糖分や脂肪の多い餌をマウスに与え、
グルコキナーゼが増えると、脳が交感神経の働きを抑制し、
褐色脂肪のカロリー消費を下げていた。一方、肝臓から脳に
つながる神経を切断して高カロリー食を与えたところ、
褐色脂肪の活動に変化は起きなかった。
 また、太りやすい種類のマウスでグルコキナーゼの上昇を
人為的に抑えると、カロリー消費量が上がり、
太りにくいマウスで過剰に上昇させるとカロリー消費量が低下。
備蓄システムの働きが、太りやすさの違いにつながることが分かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121205-00000021-jij-sctch

アメリカの隠れた敵は肥満だ。太りすぎで軍隊に入れぬ若者。飛行機の搭乗を拒否されるハリウッドセレブ、重すぎて搬送できない救急患者。肥満が構造化するアメリカ社会の悩みをレポート。

アメリカ人はなぜ肥るのか By 猪瀬 聖


« 睡眠時間が短くなるほどまた長くなるほど死亡率は上昇 | トップページ | 睡眠不足はダイエットの大敵らしい! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204850/56257918

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満メカニズムは飢餓に備えた蓄積?:

« 睡眠時間が短くなるほどまた長くなるほど死亡率は上昇 | トップページ | 睡眠不足はダイエットの大敵らしい! »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ