おすすめの情報誌

« レスベラトロール(resveratrol)はポリフェノールの一種 | トップページ | iPS心筋で不整脈を再現するモデルを作成 »

2012年11月30日 (金)

白血球のTリンパ球からiPS細胞を作製!白血病のメカニズムの解明へ

世の中、どんどん進化します。
100年後はどうなっているんでしょうか?

白血病家系のiPS細胞=仕組み解明、新薬期待―慶大など
時事通信 11月28日(水)22時34分配信

子どもの頃から血液中の血小板が減少して出血しやすくなり、
大人になると急性白血病を発症しやすいまれな家系の患者に協力を求め、
白血球の一種のTリンパ球から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ったと、
慶応大と広島大、弘前大、東京大の研究チームが28日発表した。

 この家系の患者は「RUNX1」と呼ばれる遺伝子に変異があり、
iPS細胞にも同じ変異があった。白血球や赤血球などの
元の血球前駆細胞に変わりにくく、白血病の発症原因と
考えられるほか、血小板の元の巨核球にも変わりにくかった。

 研究成果は12月8日から開かれる米血液学会に報告される。
解析が進めば白血病の詳しい仕組みが明らかになり、
新しい診断法や薬を開発する手掛かりになると期待される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121128-00000177-jij-soci

« レスベラトロール(resveratrol)はポリフェノールの一種 | トップページ | iPS心筋で不整脈を再現するモデルを作成 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204850/56220318

この記事へのトラックバック一覧です: 白血球のTリンパ球からiPS細胞を作製!白血病のメカニズムの解明へ:

« レスベラトロール(resveratrol)はポリフェノールの一種 | トップページ | iPS心筋で不整脈を再現するモデルを作成 »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ