おすすめの情報誌

« 血糖値を下げる、「糖尿病」劇的改善プログラム | トップページ | 明治ヨーグルトR-1で免疫力が高まる? »

2012年10月 8日 (月)

ノーベル医学生理学賞の最有力候補、iPS山中教授

8日に発表されるノーベル医学生理学賞について、
スウェーデン紙ダーゲンス・ニュヘテルは7日、
「幹細胞とクローン技術が最有力候補」と報じた。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大の山中伸弥教授、
英国とカナダの研究者による共同受賞の可能性があると伝えている。
山中教授は昨年と一昨年も名前が挙げられたが、受賞しなかった。

 9日発表の物理学賞では、質量の起源とされる「ヒッグス粒子」
とみられる未知の素粒子の発見に言及。
ただし、受賞者の選考には議論があるとした。
.朝日新聞社

人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、
Induced pluripotent stem cells)とは、体細胞へ数種類の
遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように
非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)と、
分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。
京都大学教授の山中伸弥らのグループによって、
マウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から2006年に世界で初めて作られた。

« 血糖値を下げる、「糖尿病」劇的改善プログラム | トップページ | 明治ヨーグルトR-1で免疫力が高まる? »

コメント

なんでもブログ情報
大豆イソフラボンの過剰摂取は控えた方がよいらしい

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204850/55842208

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル医学生理学賞の最有力候補、iPS山中教授:

« 血糖値を下げる、「糖尿病」劇的改善プログラム | トップページ | 明治ヨーグルトR-1で免疫力が高まる? »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ