おすすめの情報誌

« フラボノイドは健康増進機能をもつポリフェノールの一種 | トップページ | 年齢相応の状態を保つ、エイジングケア、気にしていますか? »

2012年9月 9日 (日)

交感神経をゆっくり目覚めさせること:「朝起き上がる」時の生活習慣

がばっと目覚める人は要注意! 健康でいるための生活習慣
週刊朝日 9月8日(土)16時9分配信

 一生元気な体は運動だけではつくることができず、
生活全体のリズムを整えることが必要だという。

そのためのポイントを医師の周東(しゅうとう)寛氏は
「朝起き上がる」時の習慣を例に挙げ、次のように説明する。

*  *  *
 朝目覚めたとき、がばっといきなり起き上がる人がいますが、危険です。
睡眠中の体は交感神経と副交感神経が逆転し、
交感神経が下がっています。いきなり起きると交感神経が急に上がり、
それに伴い血圧も上がって心臓や脳などに余計な負担がかかってしまう。

 これを防ぐには、布団の中で足や手をこすりあわせたり、
たたいたりすればいいのです。その刺激が交感神経をゆっくり目覚めさせます。

 トイレのため夜中に起き上がることもあるでしょう。そのときにもぜひ!
パートナーがいないなと思って探したらトイレで倒れていた、
そんな事態だけは避けたいものです。

 起きているときに足指や足裏をよくマッサージすれば、
いつまでも歩ける体づくりに役立ちます。
膝より下はどうしても血液の循環が悪くなるので、マッサージは重要です。
いかに血管を上手にコントロールできるか。

それが寿命にも大きく影響します。

※週刊朝日 2012年9月14日号
.http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120908-00000005-sasahi-ent

交感神経:いま読んでおきたい本

« フラボノイドは健康増進機能をもつポリフェノールの一種 | トップページ | 年齢相応の状態を保つ、エイジングケア、気にしていますか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204850/55613086

この記事へのトラックバック一覧です: 交感神経をゆっくり目覚めさせること:「朝起き上がる」時の生活習慣:

« フラボノイドは健康増進機能をもつポリフェノールの一種 | トップページ | 年齢相応の状態を保つ、エイジングケア、気にしていますか? »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ