おすすめの情報誌

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月22日 (火)

9歳以下はワクチン接種2回=新型インフルの臨床試験結果-米

【ワシントン時事】米国立アレルギー感染症研究所は21日、子供への新型インフルエンザのワクチン接種の臨床試験結果を公表した。健康な10~17歳では成人同様、1回の接種で免疫効果を得られたが、9歳以下では2回の接種が必要なことが分かった。
 試験は8月中旬から米国内5カ所で、年齢層を3グループに分け、フランスのサノフィ・パスツール社製のワクチンを使って実施。ワクチン効果を高める免疫補助剤(アジュバンド)は添加せず、ワクチン15マイクログラムを1回投与した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090922-00000039-jij-int

結婚式のスピーチ例文の作り方プラチナゲルマローラーの効果と使い方ニットのカーディガン選び

2009年9月18日 (金)

国産ワクチンの臨床試験始まる=新型インフル用、200人に接種

国内で製造された新型インフルエンザ用ワクチンの臨床試験が17日、三重県内などの4病院で始まった。来月下旬の接種開始までに健康な成人200人で試し、効果や安全性を確認する。
 臨床試験では、北里研究所が製造したワクチンを3週間おきに2回打つ。抗体の増え具合や副作用について、来月中旬に中間報告をまとめる方針。被験者の半数には通常の倍の量(1回1ミリリットル)を使用し、必要な接種回数や用量も探る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000137-jij-soci

白髪染めのランキングと選び方美脚パンツ選び

2009年9月16日 (水)

試験中インフル新薬、「季節性」にタミフル並み効果

塩野義製薬(本社・大阪市)が来年中の販売を目指して開発中のインフルエンザ治療薬「ペラミビル」を、季節性インフルエンザの患者に投与すると、タミフルに匹敵する効果があることが、同社の臨床試験でわかった。

 新型を含めたインフルエンザの新たな治療の選択肢として期待される。米国で開催中の米微生物学会で報告された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00001149-yom-sci

引越しの見積もりと業者の選び方柿渋石けん渋の泡の選び方

2009年9月12日 (土)

新型ウイルス「変異なし」―初期の米ウイルスと類似

国立感染症研究所感染症情報センターの砂川富正主任研究官は9月10日、世界保健機関(WHO)の情報から、世界で流行している新型インフルエンザウイルスは、発生初期に米カリフォルニア州で検出されたウイルスと「非常に似ている」とし、現段階でウイルスの大きな変異は起こっていないとの見方を示した。

 新型インフルエンザウイルスをめぐっては、流行が広がる中で、より毒性の強いウイルスに変異する可能性があると指摘されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090911-00000001-cbn-soci

UVケア・スプレーと帽子の選び方発毛剤と育毛剤の選び方

2009年9月 7日 (月)

新型インフルワクチン接種、医療機関を限定

厚生労働省は6日、新型インフルエンザワクチンの接種を、国と委託契約を結んだ医療機関に限って行う方針を固めた。

 対象の医療機関は市町村や地域の医師会が選ぶ。供給量に限りがある国産ワクチンを、最優先接種者から順に、適切に接種していく必要があるため、当面は医療機関を限定する必要があると判断した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090907-00000003-yom-soci

テーラーメイドのゴルフクラブの選び方

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ