おすすめの情報誌

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

<札幌大>はしかで入試会場をホテルに変更 800人に影響

 札幌大(札幌市豊平区)は29日、男女の学生3人(2~3年生)がはしか(麻しん)を発症したとして、2月5、6の両日、大学内で行う5学部すべてのA日程入学試験の会場を、ホテルロイトン札幌(同市中央区北1西11)に変更すると発表した。全受験生約1000人のうち、他都市での受験生を除く800人以上が影響を受けるとみられる。札幌大によると、はしかで入試の会場を変更するのは全国初という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000000-mai-soci

2008年1月30日 (水)

<インフルエンザ>患者数今季最多の4万4567人

 全国約4700の医療機関から国立感染症研究所に報告された今年第3週(1月14~20日)のインフルエンザ患者数が、今季最多の4万4567人(1機関当たり平均9.35人)になった。例年、流行のピークには1機関当たりの患者数が30人を超えることが多いが、感染研は「昨年末に報告が少なかった中部、四国、九州で増えた。さらに患者が増える可能性が高い」と、警戒を呼びかけている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080129-00000031-mai-soci

素敵なマイセンを通販で! 

2008年1月29日 (火)

<順天堂医院>がんと向き合う「哲学」外来を開設

 一人の人間として患者が医師と同じ「土俵」に立ち、家族や周囲の人々も含め、がんと共にどう生きるかを考え、語り合う場を目指す「がん哲学外来」が30日、順天堂大医学部付属順天堂医院(東京都文京区)に設置される。がんと正しく向き合う「心構え」を身につけてもらおうという国内では初の試みで無料。当面、1日4組約30分の予約診療でスタートするという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000061-mai-soci

2008年1月28日 (月)

高齢・肥満、ペットも深刻化=「中年」以上が半数、太り気味も3割-業界調査

 ペット社会も高齢化、肥満が問題に-。メーカーなどでつくるペットフード工業会(東京)が飼い主を対象に行ったアンケート調査で、愛犬や愛猫の約半数が高齢期にあり、およそ3割は太り気味という結果が出た。同工業会は「食品や医療の進化などで寿命が延びる一方、室内飼いが主流となって運動不足のペットが多いのでは」と分析している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000037-jij-soci

14歳長洲が全米女王=ペアの井上は2位-フィギュア
 【ニューヨーク26日時事】フィギュアスケートの全米選手権は26日、米ミネソタ州セントポールで行われ、女子は日本人の両親を持つ14歳の長洲未来が合計190.41点で初優勝を遂げた。ショートプログラム首位の長洲はこの日の自由で3位だったが、リードを守った。2位は15歳のレーチェル・フラット、3位は16歳のアシュリー・ワグナー。前回優勝のキミー・マイズナーは7位に終わった。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/headlines/skate/20080127-00000053-jij-spo.html

2008年1月27日 (日)

飛散量多く、期間も長めに=今春の花粉予測-環境省

 環境省は24日、今春(1月末から5月まで)のスギ・ヒノキ花粉の総飛散量予測(確定版)を発表した。1月末に寒さが緩んで気温が上昇し、2月も高めに推移すると予想されるため、昨年に比べ飛散量は多く、飛散期間も長くなる見込みだ。
 飛散量は、東北から関東、東海にかけての東日本で、昨年に比べ1.5~3倍に増える地域が多く、近年では2005年に次ぐ大量飛散になる見通し。特に埼玉、山梨両県では3倍を超えるとみられる。逆に北陸から九州にかけての西日本は、ほぼ昨年並みという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080124-00000121-jij-soci

アルビオンの魅力  

2008年1月26日 (土)

拒絶反応なしの腎移植成功、提供者の骨髄を注入…米チーム

 【ワシントン=増満浩志】白血球の型が完全には一致しない家族から生体腎移植を受ける患者に、臓器提供者の骨髄も一緒に移植して拒絶反応を抑えることに、米マサチューセッツ総合病院などのチームが成功した。

 患者が副作用のある免疫抑制剤から解放される画期的な成果で、24日付の米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに論文が掲載された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000032-yom-sci

2008年1月25日 (金)

その名は「DICE-K」…利根川教授が遺伝子操作技術開発

 【ダボス(スイス東部)=大内佐紀】米エール、コロンビア両大学の環境問題専門家は23日、当地で開催中の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で世界149か国の環境問題への対応状況をランキングした報告書を公表した。

 最も高く評価されたのはスイスで、これにスウェーデン、ノルウェー、フィンランドと北欧諸国が続いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080124-00000019-yom-int

2008年1月24日 (木)

献血者のHIV陽性が最多=10万人当たり初の2人台に-厚労省

 昨年献血した人のうち、エイズウイルス(HIV)陽性者と判明した人は102人と過去最多になったと、日本赤十字社が23日開かれた厚生労働省の血液事業部会に報告した。一方、献血者数は減少しており、献血者10万人当たりの陽性者数は2.06人と初めて2人台を記録した。
 同省は、HIV検査目的の献血者が増えている可能性があるとみており、血液製剤の安全性を保つため検査目的での献血を控えるよう呼び掛けている。HIV検査の結果は献血者には原則通知していないという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080123-00000094-jij-soci

2008年1月23日 (水)

エボラ出血熱の原因ウイルス、東大チームが無害化に成功

 致死率が90%にも達するエボラ出血熱の原因であるエボラウイルスを遺伝子操作し、特殊な細胞の中でしか増えない安全なウイルスに改造することに、河岡義裕・東大医科学研究所教授らの研究チームが世界で初めて成功した。

 エボラウイルスは、外部と隔離された実験室で極めて厳重な管理のもとで取り扱わなければならず、これが治療薬開発などの研究が進まない主因になっていた。この改造ウイルスを使えば、通常の実験室でも研究が可能となり、今までなかったワクチンの開発などが大きく進む可能性がある。近く米科学アカデミー紀要電子版に発表する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080122-00000007-yom-sci

2008年1月22日 (火)

<コラーゲン>皮膚内構造を画像化 シワ研究にも有効か

弱いレーザー光線を使い、人の皮膚を傷つけることなく皮膚の内部構造を3次元画像化することに筑波大とカネボウ化粧品の共同研究チームが成功した。皮膚の弾力性を維持するコラーゲンの構造も観察できた。加齢によるシワの変化とコラーゲン構造との関係を調べたり、化粧品の開発に有効だとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000039-mai-soci

いま人気のコードバン長財布   

2008年1月21日 (月)

チンパンジーも少子高齢化、30年ごろ国内絶滅の可能性も

 国内の動物園でチンパンジーの少子・高齢化が急速に進んでいることが、京都大霊長類研究所と東京大農学生命科学研究科の調査でわかった。

 現状維持に必要な年間12頭の誕生に対し、過去5年間の平均は4・4頭。このままでは2030年ごろには国内から絶滅する可能性も出てきている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080120-00000502-yom-soci

2008年1月20日 (日)

<性格と体形>社交家は肥満、心配性「やせ」多い…東北大

 社交的な人や自己中心的な人ほど肥満が多く、心配性の程度が強いほどやせの人が増える傾向にあることが、辻一郎・東北大教授(公衆衛生学)らの大規模調査で分かった。性格と肥満の関係については従来、十分な根拠がないまま議論されることが多く、1万人以上を対象に調べた研究は世界的にも例がないという。国際心身医学会誌に掲載された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080119-00000052-mai-soci

2008年1月19日 (土)

<ヒトクローン胚>米のベンチャー企業、作成に成功と発表

 【ワシントン和田浩明】米カリフォルニア州のベンチャー企業が17日、ヒトクローン胚(はい)の作成に成功したと発表した。成果は同日付の学術誌「ステム・セルズ」(電子版)に掲載された。今後、多様な細胞に分化する能力を持つ胚性幹細胞(ES細胞)を作成し、難病治療などへの応用を目指すという。

 発表したのは「ステマジェン」社。核を除いた未受精卵25個に、男性の皮膚細胞から取り出した核を移植したところ、5個がES細胞のもとになる胚盤包(はいばんほう)の段階(受精後5日程度)まで成長した。このうち3個について、DNA分析などでクローン胚であることを確認したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000031-mai-int

女性アルバイト・仕事探しを応援する求人情報サイト・ガールズウーマン 

2008年1月18日 (金)

中国政府が発表した「メタボリック予防10か条」―中国衛生部

2008年1月15日、中国衛生部は健康な食事に関する正しい知識を広めようと、中国栄養学会と共同で「健康な食事指南2007」を発表した。「中国新聞ネット」が伝えた。

これは1997年版を改訂したもので、最近の中国人の生活スタイルや食生活に合わせた内容となっている。中国でも最近は高血圧、糖尿病などの生活習慣病や肥満などのメタボリック患者が増えており、こうした状況を少しでも改善したい考え。中国政府が発表した「メタボリック予防10か条」を紹介しよう。【
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000018-rcdc-cn

2008年1月17日 (木)

恐竜は10歳前後で成熟、繁殖可能に…米研究チーム

 【ワシントン=増満浩志】恐竜はその一生の中で比較的早い、10歳前後の時期に成熟し、繁殖できたことが、米カリフォルニア大バークレー校などの研究でわかった。

 米科学アカデミー紀要電子版に14日、掲載された。

 研究チームは、鳥類の雌で産卵期を迎えると特徴的に見つかる「骨髄骨」という組織を、北米産の恐竜の化石で探した。その結果、1億2500万~1億500万年前の草食恐竜テノントサウルスのももとすねから骨髄骨を発見。別の部分の骨に見られる年輪のような模様から8歳と推定された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000502-yom-soci

2008年1月16日 (水)

「受動喫煙」法規制で心臓病減少 欧米で報告相次ぐ

 職場や公共の場での喫煙を禁止したら、心臓病が大幅に減少-。受動喫煙防止の動きが広がる中、こんな結果を示す海外の研究が相次いで報告されている。日本禁煙学会理事の藤原久義兵庫県立尼崎病院長らが取りまとめ、学会誌に発表した。
 たばこと心臓病の関連は医学的に知られているが、受動喫煙の法規制で速やかに予防効果が出ることが実証された形。藤原院長は「日本でも調査や検討をすべき時期だ」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000915-san-soci

占いの部屋A館:無料占い・お試し鑑定無料!   

2008年1月15日 (火)

「音楽療法」普及・確立を 研究会発足 手法、評価の体系化目指す

 音楽を医療に取り入れ、麻酔の量を減らしたり、発語を促すなどの治療に役立てようと、医師や音楽療法士による「日本音楽医療研究会」(会長、岩田誠・東京女子医科大学神経内科主任教授)が動き出した。医療分野での音楽の活躍の場を広げ、患者の早期回復につなげたい考えだ。欧米ではすでに、臨床試験のデータなどによる科学的根拠に基づく医療の成果も発表されており、今後の日本での研究、実践が注目される。(産経新聞)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/medical_issues/

便秘に悩む人に爆発的人気の高級オリゴ糖 

2008年1月14日 (月)

口コミから百貨店へ 高校生が開発「アレルギーでもOK」の卵

兵庫県立播磨農業高校(加西市)の生徒らが開発した鶏卵が「卵アレルギーの人でも食べられる」と人気を集めている。その名も「ハリマ夢たまご」。エサを工夫し、アレルギー症状を緩和させる成分を多く含ませた。口コミで評判が広がり、昨年末から阪神百貨店(大阪市北区)でも発売された。
 開発したのは、同校畜産科3年の卵生産研究班の生徒ら。「卵アレルギーの人でも食べられる卵を」と研究に着手。納豆やおからなど「健康によい」とされるさまざまな食材をエサに混ぜ、ニワトリに卵を産ませる実験をした。その結果、シソや魚粉を混ぜたエサを食べたニワトリに、アレルギー抑制効果があるとされる不飽和脂肪酸「α-リノレン酸」の含有量が通常の約5倍の卵を産ませることに成功した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000926-san-bus_all

2008年1月13日 (日)

4つの習慣守ると14年長生き=禁煙、運動、野菜類と適度の酒-英調査

 たばこを吸わず、運動し、酒を適度に飲み、野菜と果物を毎日食べるという4つの生活習慣を守ると、全く守らない場合に比べて14年間長生きできる勘定になると、英ケンブリッジ大などの研究チームが10日までに米医学誌プロス・メディシンに発表した。英国で約2万人を調査した結果で、健康に良い要因の相乗効果が明らかになったのは珍しいという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080110-00000019-jij-soci

2008年1月12日 (土)

<南極>解けない?氷 最も温暖な9千万年前も…独大学研究

 史上最も温暖な時期だったとされる約9000万年前でも、南極大陸の約6割が氷に覆われていたことが、ドイツ・ライプチヒ大などの研究で分かった。当時の南極には氷床がなく、約2000万年前以降に発達したとの見方が多かった。11日付の米科学誌サイエンスに発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080111-00000017-mai-soci

2008年1月11日 (金)

南京に住む父子の鳥インフル、人から人への感染を確認

 【北京=牧野田亨】中国衛生省報道官は10日の記者会見で、江蘇省南京市の父子が昨年相次いで鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した事案について、「(家庭での)密接な接触によって感染した」と発表、人から人への感染だったと結論付けたことを明らかにした。

 中国で人から人への鳥インフルエンザウイルスの感染が確認されたのは初めて。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080110-00000111-yom-int

全米No.1医療用サプリでダイエット・疲労回復 

2008年1月10日 (木)

医療情報をデータベース化=11年度利用開始、メタボ対策にも-政府

 政府が病歴や健康診断の結果など個人の医療・健康情報を蓄積するデータベースの構築に乗り出すことが8日、明らかになった。インターネットを通じてデータにアクセスすれば、医師が患者の過去の診療実績を参考に治療方針を決められるようになるなど、医療の質向上が期待できる。2008年度に厚生労働、総務、経済産業の3省共同で実証実験を開始し、11年度の利用開始を目指す。
 データベースは、より専門的な診断や治療が必要になった場合に、掛かり付け医から高度な医療設備を持つ拠点病院などへの紹介状代わりに使える。主治医とは別の医師に「セカンドオピニオン」を求める際にも、病状をより正確に伝えられるようになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000174-jij-pol


心身ストレス対策サプリ:ヌースアイでココロとカラダを同時ケア  

2008年1月 9日 (水)

性差医療に本腰 4月から聞き取り調査 厚労省

 患者数が男女で大きく差がある病気に着目して、男女で異なる医療上の対応をとる「性差医療」について、政府が本格的に取り組むことになった。厚生労働省は昨年12月に発足させた民間有識者らによる「女性の健康づくり推進懇談会」で性差医療に関する議論を深める。その上で、4月から研究施設や医療現場の要望を聴取して性差医療の具体策をまとめる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000035-san-soci


ブログを書いてお小遣いゲット! 

2008年1月 8日 (火)

「大腸がん」診断、病院で差…内視鏡治療で1~42%

 大腸のポリープなどを内視鏡で切除する治療で、切り取った組織ががんと診断される割合は、病院によって1~42%と大差のあることが、読売新聞が全国の医療機関に行った調査で分かった。

 顕微鏡で検査を行う病理医によって判断が異なることなどが背景とみられ、医療機関により「がん」「良性」と診断が分かれ、誤診につながる恐れがある実態が浮かび上がった。

 調査は、日本消化器病学会と日本消化器外科学会の研修認定施設など1001施設を対象に、2006年に実施した大腸がん治療について、手術件数や内視鏡切除件数などを尋ね、467施設から回答を得た。内視鏡切除は、先端に小型カメラのついた管を肛門(こうもん)から入れ、病変部をつまみ取る治療だ。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000101-yom-soci

2008年1月 7日 (月)

学校保健統計調査:全国トップレベルの「肥満児県」

 ◇年齢別体重、平均上回り
 文部科学省がまとめた07年度の「学校保健統計」によると、県内の児童・生徒の年齢別の平均体重がいずれも全国平均を上回り、全国トップレベルの「肥満児県」であることが明らかになった。
 昨年4~6月、県内の幼稚園、小中学校、高校に通う生徒・児童1万3338人分の健康診断の結果を基に調査した。その結果、男子では6~10歳と12、17歳で平均体重が全国1位で、他の年代でも上位5位以内に入った。女子も5、6歳と8~10歳、13、14、16歳で平均体重が全国1位になった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000018-mailo-l02

2008年1月 6日 (日)

骨粗しょう症薬で歯科治療後に副作用、あご骨壊死30人

 骨粗しょう症の代表的な治療薬「ビスフォスフォネート(BP)製剤」を使っている人で、歯科治療後にあごの骨が壊死(えし)するなど副作用に見舞われている人が全国で少なくとも30人に上ることが日本口腔(こうくう)外科学会(理事長=福田仁一・九州歯科大学長)の調べで分かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000401-yom-soci

2008年1月 5日 (土)

<乳酸菌>アレルギーの抑制力解明 症状緩和も…東大など

 腸内に存在する乳酸菌の一種が、アレルギーの原因となる免疫細胞を細胞死(アポトーシス)に導くことを、東京大などのグループがマウスの実験で突き止めた。乳酸菌はアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を抑えることが報告されているが、メカニズムの一端が明らかになった。欧州の免疫学専門誌「イムノバイオロジー」に掲載された。

 体内では免疫細胞である「Th1」と「Th2」の均衡が保たれているが、バランスが崩れてTh2が増えると「IgE」と呼ばれる抗体が過剰に作られ、アレルギー反応が起きる。アレルギーの人はTh2が過剰な傾向がみられる。一方、アレルギー症状のある子どもは、乳酸菌のビフィズス菌やラクトバチルス菌が腸内に少ないという報告がある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000042-mai-soci

2008年1月 4日 (金)

朝鮮ニンジンにアミロイド線維の形成抑止効果 信大教授確認

 信大農学部応用生命科学科の中村宗一郎教授(54)が、朝鮮ニンジンの成分に、「アミロイドーシス」と総称される病気の原因物質「アミロイド線維」の形成を抑制する効果があることを、試験管実験で確認した。アルツハイマー病やクロイツフェルト・ヤコブ病などでも知られるアミロイドーシスには効果的な治療法がない。近く動物実験を始め、予防につながる成分の応用方法がないか研究を進める。
http://www.shinmai.co.jp/news/20080103/KT071227FTI090009000022.htm

2008年1月 3日 (木)

体感型ゲームより本物の運動を=子供のエネルギー消費量を調査-英大学チーム

 テニスやボクシングなどの体感型テレビゲームのエネルギー消費量は、従来型ゲームの約1.5倍だが、本物のスポーツに比べると大幅に低いことが分かった。英リバプール・ジョン・ムーアズ大の研究チームが、十歳代前半の子供を対象に実験を行い、30日までに英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表した。
 子供が家でテレビやゲームでばかり遊び、肥満要因となっているのは先進国共通の現象。研究チームは、体感型ゲームは本物のスポーツの代わりにならず、毎日1時間は活発な運動をした方がよいと勧めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071231-00000004-jij-int

-12cmやせるお試し体験はラ・パルレ  

2008年1月 2日 (水)

顔見ず育っても表情識別=成長の特定時期に環境適応-猿の赤ちゃんで実験・産総研

 猿の赤ちゃんは、人間や動物などの顔を最長2年間全く見ずに育っても、人間や猿の顔の表情の違いを見分けられることが分かった。しかし、その後人間の顔だけを1カ月間見続けると、人間の顔しか表情が分からなくなり、猿の顔だけ見続けると、猿の顔しか違いが分からなくなった。産業技術総合研究所の杉田陽一認知行動科学研究グループ長が1日までに行った実験の成果で、論文は米科学アカデミー紀要の電子版に掲載される。
 顔を見る際には、他の物を見るときとは違う脳神経回路が働いているとみられ、これは赤ちゃんにとって表情を読み取ることが、親の保護を受けて生きる上で極めて重要だからだと考えられる。さらに、微妙な表情の識別能力は、感受性がある時期に環境に応じて特殊化することが示された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080101-00000050-jij-soci

2008年1月 1日 (火)

朝日賞に石井桃子氏ら

 2007年度朝日賞(朝日新聞文化財団主催)の受賞者が31日、決まった。賞金各500万円。授賞式は1月29日、東京都千代田区の帝国ホテルで。受賞者と理由は次の通り。
 児童文学者の石井桃子氏=「クマのプーさん」の翻訳など日本の児童文学への持続的な貢献▽人形浄瑠璃文楽大夫の竹本住大夫氏=人形浄瑠璃文楽への貢献など▽応用物理学者の宮※(※=山へんに竒)照宣氏、物理学者の湯浅新治氏=トンネル磁気抵抗効果の研究▽小児科医の福山幸夫氏、臨床遺伝学者の戸田達史氏、生化学者の遠藤玉夫氏=福山型筋ジストロフィーの発見など▽幹細胞生物学者の山中伸弥氏=万能細胞作製に関する新手法の開発と実証。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080101-00000014-jij-soci

PRESIDENT

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ