おすすめの情報誌

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

<アライグマ>九州でも繁殖中?

 特定外来生物、アライグマが九州で繁殖の兆しを見せている。元々はペットなどとして北米から輸入され、その後逃げ出したり、捨てられるなどして野生化した個体から繁殖したとみられ、03年以降、長崎、佐賀県で捕獲数が増え、今年は福岡県でも捕獲された。北海道や本州では20年以上前から野生化し、農作物被害や生態系への影響が危惧(きぐ)されてきた。九州でも駆除策を検討する自治体があり、環境省や専門家は「数が少ないうちに対策を」と指摘している。【井上元宏】 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000053-mai-soci

在宅ワークで副収入生活! 

2007年11月29日 (木)

温暖化で6億人に栄養失調の恐れ、国連開発計画が報告書

 【ニューヨーク=白川義和】国連開発計画(UNDP)は27日、2007年版の「人間開発報告書」を発表し、地球温暖化がもたらす食糧・水不足などで数億人の貧困層が栄養失調などに直面する可能性があるとして、先進国に温室効果ガス排出量の大幅削減や途上国への資金援助を求めた。

 報告書は、温暖化による干ばつや気温上昇、降雨の不順による農業システムの崩壊で、アフリカ大陸南部を中心に最大6億人が栄養失調になる恐れを指摘した。また、洪水や台風で最大3億3000万人が移住する可能性があるとした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000116-yom-int


乳酸菌サプリメントで朝スッキリ!

2007年11月28日 (水)

<iPS細胞>国が研究支援へ 文科相表明

 京都大グループが、あらゆる臓器や組織に分化できる人工多能性幹細胞「iPS細胞」をヒトの皮膚から作ることに成功したことを受け、渡海紀三朗文部科学相は27日の閣議後会見で、国としてiPS細胞研究の支援体制を整える考えを明らかにした。渡海文科相は「再生医学研究を加速するため、可能な限り早急に、効率的な研究体制や研究資金、支援のあり方を検討したい」と述べた。政府の総合科学技術会議でも、関係閣僚らに協力を求める意向だ。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000040-mai-soci

ブログで稼ぐ:ブログでバイト副収入 

2007年11月27日 (火)

<精神鑑定>能面使ったシステム開発 筑波心理研

筑波大の研究者らが作ったベンチャー「筑波心理科学研究所」(東京都台東区)が、能面を使って精神状態を分析するシステムを開発し、刑事事件の精神鑑定で活用されている。国民が重大な刑事裁判に参加する裁判員制度では、難解な専門用語も登場する精神鑑定の内容を、いかに分かりやすく裁判員に説明するかが大きな課題。新たなシステムに、実際に活用した検察幹部からも、期待する声が上がっている。【長野宏美】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000058-mai-soci

パワーストーン翡翠でお守り開運  

2007年11月26日 (月)

心臓血管機能改善に「足湯」、移植待機患者で効果確認

 「足湯」による温熱治療で、心臓移植を待つ患者の心臓血管機能が改善することが、国立循環器病センター(大阪府吹田市)の研究でわかった。

 体の深部の温度が上がって末梢(まっしょう)血管の血流がスムーズになることで、心臓のポンプ機能への負担が軽減するらしい。

 駒村和雄・心臓動態研究室長は、これまでに、全身浴のできない20~40歳代の移植待機患者4人に対して、温かい蒸気の出る「足湯」装置を使い、42度で15分間温め、30分間保温する治療を2週間行った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000003-yom-soci

スキンケア草花木果トライアル

2007年11月25日 (日)

<原爆症認定>訴訟6連敗の国の見直し作業、原告らは反発

 原爆症認定集団訴訟の6連敗を受けて始まった国の認定基準見直し作業に、被爆者が反発を強めている。厚生労働省が設けた検討会は被爆者の要望とかけ離れた議論が進み、原告全員の救済はされない小幅な見直しになる可能性が高いからだ。舛添要一厚労相が明言した年内の取りまとめも与党との調整などで実現が微妙で、「解決が見えない」といらだちの声が上がっている。【清水健二】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071124-00000105-mai-soci

三井住友VISAカードオンライン申込みキャンペーン

2007年11月24日 (土)

<猫用ワクチン>ウイルス混入 感染の恐れは低い 京大調査

 猫の感染症に対する3種混合ワクチンに、感染力のある想定外のウイルスが混入していることが京都大ウイルス研究所の調査で分かった。混入量は非常に少なく感染の恐れはほとんどないが、農林水産省は過去に販売されたすべての猫用ワクチンについて、同様のウイルス混入がないか調べる方針を決めた。

 ウイルス混入が確認されたのは、ウイルス性鼻気管炎などの感染症に対する猫用の3種混合生ワクチンで、動物病院などで使われている。研究チームの分析の結果、「RD114ウイルス」が検出された。レトロウイルスと呼ばれるタイプで、細胞内の染色体に入り込む性質を持っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071124-00000007-mai-soci

インドエステでやせる痩身 

2007年11月23日 (金)

薬害肝炎中間報告 「洗いざらい」程遠く

 舛添要一厚生労働相が「洗いざらい調べる」としていた薬害肝炎の省内検証チームの中間報告が22日、まとまった。だが、内容は「洗いざらい」とはほど遠いもの。会見した西川京子副大臣は「6~7人の調査チームで、できるわけない」と開き直るなど、厚労省の責任感は感じられない。「どうなっているんだ」。骨抜き調査に、薬害被害者の落胆はさらに広がった。

 舛添厚労相の公約は、418人のリスト放置問題以外にも、肝炎が頻発した昭和60年代から現在までの対応を検証するというものだった。しかし、西川副大臣はリスト以外の問題は「医薬食品局が調査する。11月末までにはまとまらない」と弁明。結局はリスト問題にテーマを絞ったが、「1カ月でできるわけない。途中から大臣の答弁で調査の範囲が広まった」と恨み節も飛び出すなど“省内不一致”を露呈した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000101-san-soci

ファンケル☆HTCコラーゲン お試しセット

2007年11月22日 (木)

現時点で因果関係データなし=睡眠との関連調査

 インフルエンザ治療薬「タミフル」服用と異常行動などの因果関係を臨床面から検証する厚生労働省の専門家作業部会(座長・鴨下重彦国立国際医療センター名誉総長)が21日開かれ、睡眠との関連を調べた臨床試験結果が報告された。同部会は「因果関係を示すデータは現時点ではない」との見解で一致した。
 臨床試験を実施した製造販売元の中外製薬が「症例数が少なく、結論を得ることは困難」とする中間結果を報告した。
 同省は12月中旬までに、疫学調査の結果なども踏まえ、因果関係について最終判断する方針。  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000002-jij-soci

モンカフェとカフェグレコ   

2007年11月21日 (水)

男性の頭髪の悩み、喫煙で悪化する可能性=研究

[シカゴ 19日 ロイター] アジア人の男性は白人男性と比べて一般的に遺伝的な頭髪の悩みを抱える割合が少ないが、喫煙によりその差が縮まる可能性があるという。台湾の研究チームが19日に発表した。
 同チームでは、平均年齢65歳の台湾の男性740人を対象に調査。その結果、1日に20本以上のたばこを吸った場合、喫煙が抜け毛の発生に重要な役割を果たしていることが分かった。喫煙は、毛包を破壊したり、頭皮内側の血液やホルモンの流れを阻害、またはエストロゲンの生成を増加させたりする可能性があるという。
 同研究結果は、皮膚科学専門誌の11月号に掲載されており、抜け毛の兆候が現れた男性に対し、その進行を妨げるために喫煙の影響に気をつけるよう提言している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000789-reu-ent

ムダ毛脱毛のレーザー脱毛器アイエピ 

2007年11月20日 (火)

<統合失調症>原因遺伝子の一つ、マウス実験で特定

 イワシなどに含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸の体内への取り込みに関係する遺伝子が、統合失調症の原因遺伝子の一つであることを、理化学研究所や東北大などの研究チームがマウスを使った実験で特定した。不飽和脂肪酸は胎児の脳の形成過程に必要な栄養素で、妊娠中の不飽和脂肪酸の摂取が不十分だと、統合失調症発症につながる危険性があることも示唆する結果だという。

 研究チームは、音の刺激への反応が統合失調症の患者とよく似たマウスを正常なマウスと掛け合わせ、その孫世代のマウス1010匹の全遺伝情報を詳しく調べることで、発症に関係する遺伝子を絞り込んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000022-mai-soci

ファンケル☆HTCコラーゲンお試しセット

2007年11月19日 (月)

風邪の症状、ウイルス変異で10人死亡…米で過去1年半に

 風邪の症状を引き起こすアデノウイルスが変化した変異型のウイルスによって、過去1年半の間に米国で10人が亡くなったことが、米疾病対策センター(CDC)の調査でわかった。

 CDCは、感染拡大の危険性があるとして各州の公衆衛生担当者などに注意を呼びかけた。
 CDCによると、変異型のアデノウイルスは昨年5月、ニューヨーク州で生まれた新生児で初めて見つかった。新生児は脱水症状を起こし、食欲をなくして生後12日で死亡した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000315-yom-soci


深海鮫生肝油『鮫珠』でいきいき健康

2007年11月18日 (日)

年をとると睡眠時間が短くなるって本当?

働く男子の一番の資本はやっぱりカラダ。デキる男は体の不調にもビンカンじゃなければいけません。なんて話をしていたら「R25」編集部員Oさんから、「最近疲れてるのに、夜は目が冴えてなかなか眠れないんだよね」という声が。グッタリ疲れていればよく眠れそうなんだけど、眠れないのはちょっと不思議。逆に、歳をとると朝早く目が覚めちゃうっていうのはお年寄りは昼間疲れるほど働かないから?

考えてみたら睡眠は不思議なことだらけ。財団法人神経研究所附属・代々木睡眠クリニックの駒田陽子博士、診断願います!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000008-rec_r-ent

オーネットで幸せな出会いと結婚! 

2007年11月17日 (土)

インフルエンザ流行、例年より1月早く…Aソ連型が中心

 国内のインフルエンザの患者数が、例年に比べ約1月早いペースで増え始めている。

 Aソ連型が多いのが特徴で、高齢者はワクチンを受けるなど、流行前に早めの対策が必要だ。

 国立感染症研究所が16日に発表した全国約5000か所の定点医療機関の集計によると、先月29日~今月4日の報告患者数は1217人。1医療機関あたりの報告数は0・26で、昨年同時期の0・01に比べ大幅に増えている。沖縄県、北海道、神奈川県、東京都の報告数が多い。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000414-yom-soci

いま人気の名刺入れです! 

2007年11月16日 (金)

<ES細胞>アカゲザルの胚から作成 霊長類で初めて 米国

 アカゲザルの体細胞と卵子から作ったクローン胚(はい)を使い、さまざまな細胞に分化する能力を持った胚性幹細胞(ES細胞)を作成することに、米国のオレゴン国立霊長類研究センターなどの研究チームが成功し、14日付の英科学誌「ネイチャー」電子版に発表した。霊長類のクローン胚からES細胞が作られたのは世界で初めて。ヒトでの再生医療、難病治療などへつながる成果として注目を集めそうだ。

 研究チームは、アカゲザルの卵子の核を取り除き、そこへ体細胞(線維芽細胞)の核を移植してクローン胚を作った。304個の卵子から、最終的に2個がES細胞に成長。神経細胞などに分化させることができ、ES細胞の特徴を備えていることを確認した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000018-mai-soci

ファンケル「無添加スキンケア お試しセット」   

2007年11月15日 (木)

回線パンク状態 薬害肝炎の電話相談スタート

薬害肝炎が社会問題化したことを受け、厚生労働省は15日から、通話料無料のフリーダイヤルで汚染血液製剤「フィブリノゲン」についての電話相談の受付を開始した。

 午前9時半の開始と同時に電話は鳴りっぱなしになり、つながりにくい状態が続いている。電話は20回線用意したが、応対する職員は11人のみ。「これ以上、職員のやりくりがつかない」(血液対策課)と弁解しており、回線のパンク状態が長引けば社会保険庁の「ねんきんあんしんダイヤル」同様、批判が集まりそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000910-san-soci

美肌と美白のスキンケア   

2007年11月14日 (水)

中国へ修学旅行 7人がノロウイルス感染

 県は13日、6日から5日間の日程で中国に修学旅行をした沼田高校(沼田市西原新町、斎藤実校長)の男子生徒91人が、下痢や吐き気などの症状を発症したと発表した。13日現在で3人が入院したが、快方に向かっている。発症者ら7人の便からノロウイルスが検出されており、食中毒と感染症の両面から感染経路を調査している。

 県スポーツ健康課などによると、同校の2年生184人と職員11人は、6日朝に同校を出発し、レストランなどで食事をした。8日夕に症状を訴える生徒が現れ、渡航中に14人が発症したという。帰国後の11、12の両日にも計77人が同様の症状を訴えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000040-san-l10

二重まぶたにしたい! 

2007年11月13日 (火)

パーティー客らノロ感染 品川プリンスホテル

 品川プリンスホテル(東京都港区)で3日に開かれたパーティーに参加した150人のうち42人が下痢や腹痛といった症状を訴え、従業員も含め17人の便からノロウイルス(小型球形ウイルス)が検出されたことが12日、分かった。

 みなと保健所(同区)によると男性1人が入院。患者らは現在、全員が快方に向かっている。同保健所では感染源と感染ルートの特定を急いでいる。

 ノロウイルスは食材が原因で感染するケースがあるが、空気感染もある。(東京) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000124-san-soci

ディズニーの幼児英語システムDWE 

2007年11月12日 (月)

毎日ウイーク・イン・さかい:健康トークで開幕

 ◇メタボに関心--大阪労災看護専門学校講堂で
 堺のまちづくりを応援する「毎日ウイーク・イン・さかい」(毎日新聞社主催、堺市・同市教委後援)。初日の10日、開幕イベントとして堺市北区の大阪労災看護専門学校講堂であった「しあわせ健康セミナー」(メグミルク協力)には、市民ら約300人が参加し、いま問題のメタボリック・シンドロームや、ちょっとした工夫で人生を豊かにする健康トークに熱心に耳を傾けた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000223-mailo-l27

2007年11月11日 (日)

<シロアリ>遺伝子が階級決定

 集団を形成して巣を作るシロアリには「働きアリ」や「女王アリ」など役割に応じた階級がある。こうした階級を決める遺伝子が存在することを茨城大などの国際研究チームが突き止めた。従来は、繁殖アリが出すフェロモンや栄養状態など、生育環境だけで階級が決まると考えられていた。9日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 研究チームは、日本で一般的なヤマトシロアリのうち、働きアリの「ワーカー」と、女王アリや王アリになる可能性を持つ「ニンフ」の2種類の階級のアリを調べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000026-mai-soci

学生ローンでお金を借りるキャッシング 

2007年11月10日 (土)

ストレスで皮膚の抗菌能が弱まる

ストレスによって皮膚感染症にかかりやすくなるメカニズムが解明され、米医学誌「The Journal of Clinical Investigation」11月号に掲載された。免疫システムの崩壊という従来の説明とは異なり、皮膚の抗菌能(antimicrobial defense)の低下が関与しているという。

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)皮膚科教授のPeter Elias博士らは、心理的ストレスを与えたマウスは、ストレスの少ない条件下に置いたマウスに比べ、A群溶連菌へ感染しやすいことを突き止めた。ストレスを受けたマウスは、表皮で発現する抗菌ペプチドが少なかったという。抗菌ペプチドは近年注目を浴びるようになったもので、免疫システムの「最前線」にあり、抗生物質のように細菌を攻撃して死滅させる作用がある。
http://health.yahoo.co.jp/news/detail?idx0=w07071101

女性専用☆ベティでお金を借りる☆安心キャッシング 

2007年11月 9日 (金)

発作で脳神経のつなぎ目減少=難治性てんかんで記憶障害メカニズム解明

抗てんかん薬を飲んでも完治しない「難治性てんかん」の発作による記憶障害のメカニズムを初めて解明したと、東京都神経科学総合研究所の山形要人副参事研究員らの研究グループが7日、米国科学雑誌「ニューロン」電子版に発表した。発作で脳内の神経細胞間のつなぎ目(シナプス)が減少して記憶障害が起きる仕組みだとしている。
 研究グループは、発作が起きると脳の神経細胞内で「アルカドリン」というたんぱく質が合成され、それがシナプス維持に必要な物質「N-カドヘリン」を減少させることを突き止めた。発作の繰り返しでシナプスが少なくなり、神経細胞間の情報伝達が阻害されるため、記憶・学習障害を引き起こす原因になるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000017-jij-soci

マイナス8cmやせるエステ体験

2007年11月 8日 (木)

インフルエンザ、2地区8例の感染報告

 長野県衛生部は7日、感染症情報(10月29~11月4日)を発表した。それによると、北信地区で7例、長野地区で1例のインフルエンザの届け出があり、今季初めて複数地区からのインフルエンザ感染の報告例となった。夏季も海外旅行先での感染などにより届け出はあるものの、複数地区で届け出があったことで、衛生部は「流行を警戒すべき時期に入った。手洗いやうがいをするなどの予防対策に心がけてほしい」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000072-san-l20

美容整形の基礎的知識

2007年11月 7日 (水)

<子宮筋幹細胞>慶大が発見 子宮筋の再生などに期待

 慶応大医学部の研究グループが、子宮の筋肉からさまざまな細胞に分化する能力を持つ幹細胞を発見した。がんの手術で欠損した子宮筋の再生など、再生医療への応用が期待される。近く、米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 グループは、幹細胞の可能性がある細胞を見分けられる特殊な色素を使用。人間の子宮筋から幹細胞の候補細胞を選び出し、マウスの子宮に移植すると、人間の子宮筋が作られた。候補細胞を移植したマウスを妊娠させたところ、妊娠や分娩(ぶんべん)に重要な働きをする人間のたんぱく質も出ていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000034-mai-soci

モンカフェとカフェグレコ   

2007年11月 6日 (火)

<睡眠時間>寝不足で懸命に…20年で最短

 日本人の睡眠時間がここ20年で最も短くなり、とくに働き盛りの世代での減少が目立つことが、総務省がまとめた06年の社会生活基本調査でわかった。その一方で、仕事時間は増加し、余暇など自由に使える時間も減っており、寝不足で懸命に働く日本人像が浮き彫りになった。

 調査は5年ごとに実施しており、10歳以上の約8万世帯18万人が対象。1日の平均睡眠時間は調査を開始した86年から男女とも減少傾向にある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000061-mai-soci

にきび治療の集中スキンケア 

2007年11月 5日 (月)

6時間疾走の「スーパーマウス」=遺伝子組み換えで誕生-米

 【ワシントン2日時事】毎分20メートルの速度で5~6キロの距離を最大6時間にわたって連続疾走できる驚異的な体力のマウスが遺伝子組み換えで誕生したと、米オハイオ州ケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究チームが発表した。
 同大学のリチャード・ハンソン教授の報告によると、この「スーパーマウス」は既に500匹近く生まれている。エネルギー源に主に脂肪酸を使うが、疲労物質とされる乳酸の発生が極めて少ない特性があり、同教授は「人間に例えれば、自転車ロードレースの元王者ランス・アームストロングに匹敵する」と話している。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000090-jij-int

大切なあの方へ お歳暮ギフト 

2007年11月 4日 (日)

小豆島で地元食材を使った健康料理教室

 地元の食材をバランスよく使い、生活習慣病の予防につながる料理を学ぶ教室が3日、香川県小豆島町の「小豆島オリーブ公園」で開かれた。

 産官学が連携し、しょう油やオリーブなど地場の食材や技術を生かしたビジネスの創出に取り組む「小豆島食料産業クラスター協議会」が企画。料理研究家の向後千里さんが講師を務め、同町食生活改善推進協議会(平井若子代表)の会員ら24人が参加した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000034-san-l37

敏感肌対策のスキンケア  

2007年11月 3日 (土)

トランポビクス 健康体へジャンプ!! 生活習慣病予防や運動不足に一役

 生活習慣病の予防や運動不足解消に、いかがでしょう-。トランポリンとエアロビクスを組み合わせたエクササイズのことで、名付けて「トランポビクス」。ミニトランポリンの上でウオーキングするだけと手軽で、ひざや腰への負担が少ないため、新たな「生涯スポーツ」として期待の声も上がっている。(三品貴志)

 静岡県掛川市の保健センターで、市が毎週火曜に開いている夜間教室。インストラクターの柴田知子さん(35)がラジカセのスイッチを入れると、参加者が音楽のリズムに合わせて威勢良く足踏みを始めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071103-00000049-san-l13

敏感肌対策のスキンケア  

2007年11月 2日 (金)

薬害肝炎 カルテ期限切れ相次ぐ 被害者の特定困難

 薬害C型肝炎の原因となった血液製剤フィブリノゲンを投与された全国418人の症例一覧表(リスト)を国が放置していた問題で、東北の主な医療機関ではカルテの保管期限が切れ、過去の投与に関する問い合わせに答えられないケースが出ている。リストが放置された5年間にも、多数のカルテが廃棄されたとみられ、東北での投与実態の確認がより困難になる恐れがある。

 河北新報社は1日までに、東北各県の中核医療機関で、過去にフィブリノゲンが納入された9病院に、カルテの保管状況やフィブリノゲン投与に関する問い合わせ件数などを確認した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000001-khk-soci

クイックキャッシングカード比較・選択のポイント  

2007年11月 1日 (木)

メタボ対策用 男性下着を開発 ワコール

 ワコールは31日、継続着用により腹部の引き締め効果などが期待できる下着「スタイルサイエンス」シリーズの男性向け商品を開発した、と発表した。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策を強化する来春の健康保険法改正を視野に入れ、健保組合を主な販売先とした職域ビジネスに乗り出す。
 スタイルサイエンス商品は2005年秋から女性向けに販売し、今年9月までに約600万枚を売り上げた。今回の開発商品は、男性の着用実験などで、着用に伴う運動効果により体脂肪率の減少などが期待できることを確認した、という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000056-kyt-l26

乳酸菌サプリでスッキリ!美容・健康 

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

[スポンサードリンク]


無料ブログはココログ